デジタル化の発展と共に、コンピュータやデータおよび製品が新しい方法で互いに結びつくことができるようになり、生産プロセスや製造技術分野でも、まったく新しい可能性が生まれてきます。その結果、商品製造において極めて革新的な開発を実現できるようになります。ETHグループの研究機関は、戦略的重点分野の「Advanced Manufacturing」を打ち立て、スイスがこの分野で世界をリードする地位を維持し、インダストリー4.0の実現により国内の産業空洞化に対抗するために、共同で貢献していくことを目指しています。

この活動では3つの重点課題を掲げています。まず、小型部品の高精密な自由形状製造の促進のために研究の支援が必要です。次に、プリンテッド・エレクトロニクス分野での研究支援(小売業や健康分野など)、そして、デジタル生産プロセスの持続可能性または持続可能な利用を強化する研究の支援です。