PSIは、自然科学・工学に関するスイス 最大の研究センターです。物質と材料、人 間と健康、エネルギーと環境というテーマ で最先端の研究を行っています。1988年 以来、本センターは基礎研究および応用 研究を通じて、社会、経済、科学分野の中 心的課題に対応した持続可能な解決策に 取り組んでいます。PSIは中性子源、シン クロトロン源、ミューオン源を用いた大規 模な科学研究施設を運営しています。スイ スでこの種の施設は唯一であり、世界的に 見てもPSIにのみ設置されているもので す。大学や企業研究者にもこの施設が開放 されており、スイスおよび世界中から毎年 2,400人ほどの研究者が、他の施設では不 可能な実験を行うためにPSIを訪れてい ます。PSIが行っているのは研究活動だけ ではありません。陽子で特定がんを治療す るための、スイスで唯一の施設も運営して います。

PSIの1,500ほどのポストのうち、738人 を科学者が占めています。2012年には、 約800人の博士課程の学生が博士論文 のためにPSIで測定作業を行い、216人 がPSIの常勤職に関連して論文を執筆し ました。

92人の実習生が16の教職課程で教育を 受けています。生徒、学生、専門家がPSIで 教育と継続教育を受けています。

2013年、PSIが重点的に取り組むのは、 未来の国立大型施設であるSwissFELで す。このX線自由電子レーザー施設は、原 子・分子構造の一瞬の変化を視覚化するも ので、スイスの研究ニーズに合わせて設計 されています。